精密バルブパーツ・継手 組立/製造センターの
課題解決事例

全切削から冷間鍛造+切削加工への工法転換によるコストダウン事例

課題
原価低減の課題
導入効果
コストダウン
業界
自動車業界
用途
オイルポンプ用のリリーフバルブ

BEFORE

この事例は、オイルポンプ用のリリーフバルブについてコストダウンができないか?ということでご相談をいただいた事例です。
従来は、S45Cのバー材を素材として、切削加工により仕上げていましたが、コストダウンのために他工法での加工を検討することにしました。

AFTER

そこで、精密バルブ パーツ・継手 組立/製造センターでは冷間圧造による工法転換・コストダウンをご提案しました。
まず、冷間圧造に切り替え、材質をS15Cに変更し、材料費のコストダウンを行い、6角(2面巾26mm)部を成形しました。
細かな箇所は切削加工を行うことで仕上げていますが、材質変更と切削工程の工数の見直しにより、1個当たり10円のコストダウンに成功しました。

ポイント

精密バルブ パーツ・継手 組立/製造センターでは、材料変更や、工法転換によるコストダウン提案を得意としています。
こちらの事例では、全切削で加工を行っていた所から、冷間鍛造+切削加工により製品を仕上げています。

結果として、材料コストの削減と工程集約によるコストダウンを実現しました。
量産パーツのコストダウンでお困りの方は精密バルブ パーツ・継手 組立/製造センターにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください

精密バルブパーツ・継手組立/製造センターを運営する荻野工業は、開発・設計技術と解析・評価試験技術に圧倒的な強みを持ち、お客様の要望にマッチした継手・バルブを提供してまいりました。これまで培ってきた実績・ノウハウを持って皆様に高付加価値な継手・バルブを提供いたします。