商品開発・設計担当者のみなさま
        そこまで出来るの!?、
真円度・真球度の案件で
        お困りのメーカー様は当社にお任せください!

真球度・真円度 超精密加工サービス

精密バルブパーツ・継手 組立/製造センターを運営する荻野工業は、開発設計技術と評価・解析技術によって他社では難しいとされる特殊形状の受託加工を行っています。生産設備の開発力も含め、製造~解析・評価まで一貫対応が可能な当社ならではのご提案をお約束し、お客様の課題解決に貢献いたします!


このようなお困り事はありませんか?

真円度の幾何公差要求を行いたいが加工ができるサプライヤーがなく、困っている・・・

既存のサプライヤーが高精度な加工対応できるものの、解析評価の点で不安が残っており、一貫対応できる企業を探したい・・・

球形状について、精度の高い製品を作りたいが、適切なサプライヤーを探すことができず、困っている…

当社が解決します!

バルブパーツを中心に試作開発~中ロットの量産加工まで得意としてきた荻野工業が、皆様のお悩みを解決いたします!製造技術はもちろん、生産を安定させるための設備開発力や、その製品を評価試験を行う検査体制など、多岐にわたる設備を取り揃え、お客様の課題解決に貢献いたします。

POINT
01
真球度!?真円度はもちろん、”球“形状もお任せください!

精密バルブパーツ・継手 組立/製造センターを運営する荻野工業は、お客様がお求めになる複雑形状の加工を得意としており、幾何公差という点で精度の追い込みを実現しています!
特に真円度要求のある製品はバルブ形状を加工してきた兼ね合いから豊富な実績があり、
      さらに、ある一部の産業の企業様より「真球形状を実現したい」というご要望をいただき、対応した実績がございます。
      製品のスペックを上げていくためには、部品の高精度化は避けることができません。当社では加工はもちろんのこと、検査方法まで最適な手法のご提案可能です。真球度関連以外にも多数の課題解決事例がございます。

皆さまのお悩みを解決いたします!

ご要望に基づいて特注バルブパーツの試作開発・量産を行うことで、皆さまの課題を解決し続けてきました。私たちの課題解決事例をご紹介します。

POINT
02
専用加工機の開発・生産技術力を活かし、 真円度・真球度などの高精度部品の安定“量産”をお約束!

当社の特長の1つが、社内で専用加工設備を開発することができる生産技術力にあると言えます。

高精度な真円度・円筒度・真球度などへの要求に対して、加工設備・検査設備を最適に選定し、市場にない場合には、社内で設計・製造を行うことで高品質な部品を安定的に供給することが可能となっています。
・1個・小ロットは安定しているけど、量産となると品質が安定しない・・・
・既存のサプライヤーからこれ以上の対応不可との連絡があり、生産をあきらめてしまった・・・

といった製品がありましたら、一度、ご相談ください!加工方法から見直しを行い、リーズナブルな製品提供をお約束いたします。

POINT
03
まずは試作から!磨き抜かれた加工技術を活かして、 ご満足いただけるまで開発パートナーとして徹底伴走いたします。

真円度・円筒度要求を伴う、高精度な加工部品がありましたら、まずはお問い合わせください。

      当社では、お客様の要望をもとに試作を行い、評価試験まで社内で行います。また、品質にご満足いただけましたら、量産品が安定する工程を検討し、治工具や専用機など必要に応じてご提案し、最適な量産ラインのご提案をいたします。熟練のエンジニアがみなさまのお困り事を解決いたします。

お気軽にご相談ください

精密バルブパーツ・継手組立/製造センターを運営する荻野工業は、開発・設計技術と解析・評価試験技術に圧倒的な強みを持ち、お客様の要望にマッチした継手・バルブを提供してまいりました。これまで培ってきた実績・ノウハウを持って皆様に高付加価値な継手・バルブを提供いたします。