精密バルブパーツ・継手 組立/製造センターの
製品事例・詳細説明

農機具油圧調整リリーフバルブ

材質
S45C
サイズ
ボディ全長52㎜×六角二面幅(HEX)27㎜×先端穴径Φ4㎜
納品業界
農業機械
ロット
4,500個/月
用途・機能性
農機具油圧バルブ
製品名称
農機具油圧調整リリーフバルブ
加工工程
ボディ:NC旋盤加工×2→ポリゴン加工(六角加工)→マシニング→内径バニシング→ホーニング    ポペット:熱処理(外注)→円筒研磨→組立→検査

当加工事例の特徴

この事例は、農機具油圧調整用リリーフバルブです。材質はS45Cを使用しており、ボディ・ポペットを製作しました。

この製品は、要求精度が厳しい点が特長として挙げられ、
・内外径公差、嵌め合い公差:8~12μm
・外径公差:11μm、内径公差:12μm
・円筒度:10μm
となっています。当社では、これらの精度を満たすために、以下の点で工夫を凝らしています。

1つ目は、バニシング加工とホーニング加工を施している点です。
こちらの製品は嵌め合い公差(8~12μm)が特に精度が厳しい部分になっています。寸法のズレが生じないようにするため、バニシング加工、ホーニング加工を行っています。
また、加工条件(切削液の量、送り速度等)の最適化させ、精度を満足させています。

2つ目は、機械と人による検査で品質保証をしている点です。
電気マイクロメータで内径、デジタルマイクロメータで外径の寸法検査を行なっています。また、ポペットの底あたり、抜き差しが可能かどうかは人手による検査を行なっています。

精密バルブパーツ・継手 組立/製造センターではこのように、複数部品で構成される製品を、部品の工法転換を踏まえ、検討を行い、コスト低減・品質の向上について提案が可能です。
パイプの冷間鍛造、絞り、曲げ、ボディとの圧入からロウ付けまで、一貫した対応が可能です。お困りの案件がございましたら、当社にお問い合わせください。

お気軽にご相談ください

精密バルブパーツ・継手組立/製造センターを運営する荻野工業は、開発・設計技術と解析・評価試験技術に圧倒的な強みを持ち、お客様の要望にマッチした継手・バルブを提供してまいりました。これまで培ってきた実績・ノウハウを持って皆様に高付加価値な継手・バルブを提供いたします。