精密バルブパーツ・継手 組立/製造センターの
よくある質問

精密バルブパーツ・継手組立/製造センターのよくある質問

Q.冷間鍛造(圧造)のメリット・デメリットを教えてください。
A.

まず用語説明ですが、
冷間鍛造とは金属材料に力を加えることにより目的の形状まで変形させる塑性加工の一つです。
次にメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】
①寸法精度の高さ
⇒研磨加工では表せないほどの切削加工にほぼ近い領域の精度まで狙うことができます。
②仕上がりの良さ
⇒表面形状が滑らかにすることができます。
③加工速度の速さ
⇒金型にはめて形状を成形するため、製品の大量生産に向いており、生産性はとても良いです。

【デメリット】
①金型が必要
⇒金型の制作期間が必要かつ費用かかります。
そのため、小ロット品には不向きです。
②複雑な形状には不向き
⇒無理やり金属を変形させていく加工方法のため、大きな変形は不可能です。


大量生産する製品には向いておりますが、小ロットには向いていない方法です。
精密バルブパーツ・継手 組立/製造センターでは様々な加工方法でお客様のお声にこたえてまいりました。
まずは一度お問い合わせください。

よくある質問に戻る

同カテゴリのよくある質問

お気軽にご相談ください

精密バルブパーツ・継手組立/製造センターを運営する荻野工業は、開発・設計技術と解析・評価試験技術に圧倒的な強みを持ち、お客様の要望にマッチした継手・バルブを提供してまいりました。これまで培ってきた実績・ノウハウを持って皆様に高付加価値な継手・バルブを提供いたします。