精密バルブパーツ・継手 組立/製造センターの
製品事例・詳細説明

ディーゼルエンジン用プッシュロッド④

材質
S45C
サイズ
全長205㎜×外径Φ6.4mm
納品業界
建設機械 農業機械
ロット
13,000個/月
用途・機能性
ディーゼルエンジンのピストン部品
製品名称
ディーゼルエンジン用プッシュロッド④
加工工程
ヘッダー加工凹球→曲がり矯正→凸球加工→高周波焼き入れ→テンパー→バレル研磨→球面ラップ→磁気探傷検査

当加工事例の特徴

この事例は、建機ディーゼルエンジン用プッシュロッドです。材質はS45Cを使用しており、
プッシュロッドの凸球の面精度:Ra0.7となっています。
加工は、自社設備で球面加工を行っており、製品の形状・精度を実現する為に以下の点で工夫を凝らしています。

①ラップ加工を行うことで面精度を出している
このプッシュロッドは、凸球部分の面精度がRa0.7と厳しいくなっています。そこで、本事例では面精度を満足させるため、ラップ加工を施しています。

②部分(両端)高周波焼き入れ
全体焼き入れを行うと、焼き入れ不要箇所にも熱が入ることで硬度は上がるものの靭性が落ちてしまい、ワレの発生が懸念されます。
そこで弊社では、ドラムコイルを自社で製作し、指定された部分の高周波焼き入れができるようにして、部分的に硬度を高くすることを可能としています。

精密バルブパーツ・継手 組立/製造センターでは、精密バルブパーツや、プッシュロッドなどの冷間鍛造品、球面加工品を多く取り扱ってきました。
材料や工法など、多岐にわたる視点から高品質で適正なコストでの製造を提案してきました。
プッシュロッドなど、高品質な球面加工、冷間鍛造加工品の製造をご検討の方はぜひ当社までお問い合わせください。

お気軽にご相談ください

精密バルブパーツ・継手組立/製造センターを運営する荻野工業は、開発・設計技術と解析・評価試験技術に圧倒的な強みを持ち、お客様の要望にマッチした継手・バルブを提供してまいりました。これまで培ってきた実績・ノウハウを持って皆様に高付加価値な継手・バルブを提供いたします。