量産精密小物金属部品 組立/製造センターの
製品事例・詳細説明

農機具用のハウジング部品

材質
FC250丸棒材
サイズ
φ30mm×42mm
納品業界
建機・農機具
ロット
月300個
用途・機能性
製品名称
農機具用のハウジング部品
加工工程
切削(スパロール加工)

当加工事例の特徴

本事例は、量産精密小物金属部品工法転換/工法開発センターが製造した、建機・農機具で用いられるハウジング部品です。材質にはFC250材を素材としています。
本事例のポイントとしては、外形部・内径部に面粗度指定が細かくある点と、材質にFC250材を使用している点です。

まず、外径・内径部への面粗度指定に関して述べると、内径部・外形部に関する面粗度はRmax6.35程度であり、当社が手掛ける面粗度の精度としてはそこまで高くはありません。
今回は、スパロール加工を旋盤後に実施することで同精度を実現し、社内設備にて精度確認も行っています。また、FC250材を素材としているため、他社では敬遠されていたようで、当社で専用機を持ち加工している点も評価いただきました。

当社ではサイト名称にもある通り、工法転換・VAVE提案を得意としていますが、今回はロット300個と少ない生産数であったため、工法転換は提案せず、精度・コストのバランスから切削加工を提案しました。

お気軽にご相談ください

量産精密小物金属部品組立/製造センターを運営する荻野工業は、開発・設計技術と解析・評価試験技術に圧倒的な強みを持ち、お客様の要望にマッチし量産精密小物金属部品を提供してまいりました。これまで培ってきた実績・ノウハウを持って皆様に高付加価値な量産精密小物金属部品を提供いたします。