オイルジェットバルブの特徴

オイルジェットバルブとはオイルジェット通路からオイルジェットへのオイル供給量を調節するために備えております。ちなみにオイルジェットとは、ピストンの冷却などを行うため、オイルを噴出させるというものです。

常にエンジン性能をフルに発揮させる機能部品であるため、高精度の成形加工で製造、噴射方向や油量、油圧など噴射能力を絶えずチェックする役割を担っております。

自動車の心臓とも言えるエンジンを構成する各種パーツの一つで、耐久性と軽量化という相反する命題に対して、高精度な技術力と独自のノウハウでお答えする必要があり、非常に重要な部品の一つです。

ポイント

オイルノズルは、エンジンによって取付位置や噴射角度などが異なります。

特にノズル部分の角度と噴出油量はエンジン性能を大きく左右する傾向です。

当社は製造設備と合わせて、検査設備が充実しておりますので、品質不良がおきないよう細心の注意を払って生産しております。

長年の自動車部品の製造で培われた、設計開発・精密加工技術・精密測定技術・熱処理技術・品質保証技術にてマ シニングセンター、三次元 CAD/CAM システムを駆使し、皆様のニーズに応じた小ロットから大ロットまでの機械 加工部品の設計開発・製作をお受けいたします。

関連情報

▶ バルブ・継ぎ手

まとめ

精密バルブパーツ・継手 組立/製造センターは、バルブ・継手の製造において、お客様のオーダー品を設計通りに製造をすることはもちろん、「耐久性」「コスト」「機能」などの点から、最適な工法や、構造をご提案致します。

従来品の機能性を維持しながらのコストダウンや構造を変更することによる機能向上が可能です。また、品質管理・品質保証をすべく幅広い検査機器ならびに、一部機能性試験にも対応しています。

また当社では、製造・組立から解析・評価・試験までをワンストップで行っております。

お困りのことがございましたら、当社までお問い合わせください。